こどもによくある感染症の病気

インフルエンザ

インフルエンザの原因

インフルエンザかどうかを診断するために、鼻やのどの奥の粘液(鼻みず)を拭って迅速診断します。

インフルエンザの症状

普通の風邪と異なり症状が強く現れます。

  • さむけと高熱(38℃以上)

  • 全身

    倦怠感、食欲がない

  • 痛み

    頭痛、手足の筋肉痛、関節痛

  • お腹

    お腹の痛み、嘔吐、下痢

  • のど

    のどの痛み、鼻みず、咳

インフルエンザの治療

インフルエンザと診断され、早期に抗インフルエンザ薬を服用すれば、症状を軽くすませることができます。
治療薬と異常行動との関係が心配であればご相談ください。

ご家庭で気をつけていただきたいこと
ご家庭で気をつけて
いただきたいこと
  • 休む

    ゆっくり休みましょう。

  • 保温

    寒くないように部屋を暖めましょう。

  • 食事

    子供の好きなもので消化のよいものを食べさせましょう。水分を十分に取りましょう。

再受診の目安
なだぴょん

指示された日、薬がなくなる頃などに受診してください。
元気がなかったり、何度も吐いたり、咳で眠れないなどの症状があれば受診してください。
けいれんを起こしたら、至急病院へ行きましょう。

保育所・学校

インフルエンザにかかった時は、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで」学校を休みます。
保育園児や幼稚園児は、「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまで」園を休みます。

●幼児(保育園・幼稚園)

発熱期間
発熱
期間
0日1日2日3日4日5日6日7日8日9日
2日間発熱発熱解熱解熱解熱解熱登園・登校許可   
3日間発熱発熱発熱解熱解熱解熱登園・登校許可   
4日間発熱発熱発熱発熱解熱解熱解熱登園・登校許可  
5日間発熱発熱発熱発熱発熱解熱解熱解熱登園・登校許可 
6日間発熱発熱発熱発熱発熱発熱解熱解熱解熱登園・登校許可

●児童・生徒(小学生以上)

発熱期間
発熱
期間
0日1日2日3日4日5日6日7日8日
2日間発熱発熱解熱解熱解熱解熱登園・登校許可  
3日間発熱発熱発熱解熱解熱解熱登園・登校許可  
4日間発熱発熱発熱発熱解熱解熱登園・登校許可  
5日間発熱発熱発熱発熱発熱解熱解熱登園・登校許可 
6日間発熱発熱発熱発熱発熱発熱解熱解熱登園・登校許可
  • 発熱…発熱
  • 解熱…解熱
  • 登園・登校許可…登園/登校許可

こどもによくある感染症の病気

こどもによくある病気一覧へもどる

ページトップへ