こどもによくある感染症の病気

突発性発疹

突発性発疹の原因・症状

生後4〜5か月から2歳ぐらいまでの赤ちゃんにみられる病気で、突然の高熱が3〜4日続いたあと、体中に発疹がでます。発疹は2〜3日でおさまります。生まれて初めての熱であることが多く、喉や鼻水などの症状はなく、便がゆるくなることがあります。発疹が出るころに機嫌が悪くなることがありますが、数日でおちつきます。

突発性発疹の治療

熱が高く機嫌が悪いようであれば薬を処方します。

ホームケアのポイント
  • 高熱

    高熱が続き不安に思われると思いますが、それにより何か障害をひきおこすことはありません。熱がある間は着せすぎ、掛けすぎに注意して赤ちゃんがすごしやすいようにしてあげてください。嫌がらなければ氷枕などで冷やしてもよいでしょう。

  • ミルク

    あまり飲めないようであれば、少量ずつを何度も与えてください。イオン飲料や果汁のほうが好むようであればそれでも大丈夫です。水分を十分に与えてください。

  • 離乳食

    食べられるようならいつもどおりで大丈夫です。

  • 入浴

    機嫌がよければいつもどおりで大丈夫です。

こんな時はもう1度受診しましょう
なだぴょん
  • ・ひきつけを起こしたとき
  • ・水分をとれず、元気がないようなとき
  • ※発疹が出るまでは「突発性発疹だと思われる」としか診断できません。高熱が続くなど不安なときは受診してください。

こどもによくある感染症の病気

こどもによくある病気一覧へもどる

ページトップへ