こどもによくある感染症の病気

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナの原因・症状

主に乳幼児のあいだで流行する夏かぜの一種です。
38~40度の高熱が2~3日続きます。のどの奥に小さな水ぶくれができ、痛みで食事がとりにくくなります。ひどくなると水分もとれず、脱水症になることもあります。

ヘルパンギーナの治療

熱やのどの痛みを和らげる薬を処方します

ホームケアのポイント
  • 食事

    痛みが強いときはかまずに飲み込めるものがよいでしょう。
    (プリン、ゼリー、アイスクリーム、冷たいおじや、とうふ、冷たいグラタンなど)

  • 水分

    十分にとりましょう。オレンジジュースなど酸味があるものはしみることがあるので控えましょう。
    牛乳、麦茶、みそ汁、冷たいスープなどが良いと思います。

  • 入浴

    熱がなく、元気であればかまいません。

こんな時はもう1度受診しましょう
なだぴょん
  • ・痛みがひどく、水分があまりとれないとき
  • ・高熱が3日以上続くとき
  • ・元気がなく、ぐったりしているとき
登園・登校の目安

熱が下がり、口やのどの痛みがなくなるまでお休みしてください。

こどもによくある感染症の病気

こどもによくある病気一覧へもどる

ページトップへ