こどもによくある感染症の病気

RSウイルス感染症(細気管支炎)

RSウイルス感染症(細気管支炎)の原因・症状

小さい子にRSウイルスなどのかぜウイルスが感染することが原因で起こる病気です。寒い季節に多くみられます。
風邪症状(咳、鼻水、鼻づまりなど)から始まり、次第に咳がひどくなり、ゼイゼイと苦しそうな呼吸をするようになります。それが落ち着いても、痰がからんだ咳がしばらく続きます。とくに6カ月未満の赤ちゃんや、未熟児、生まれつきの心臓病があるお子さんは重症になりやすい傾向があります。

RSウイルス感染症(細気管支炎)の治療

軽度であれば外来の治療で治りますが、重症の場合は入院して酸素吸入が必要な場合もあります。

ホームケアのポイント
  • ・呼吸が苦しそうなときは、体を起こすように抱っこしたり、背中をやさしくたたいたりしてあげてください。
  • ・鼻づまりがひどいときは、鼻吸いをしたり、綿棒で掃除してあげてください。
  • ・部屋が乾燥しないよう、加湿をしましょう。
  • ・授乳は1回量を少なくして、回数を多くしましょう。
  • ・飲んだ量や、おしっこの回数などのメモをとってください。
  • ・症状の変化を見極めることが重要です。医師の指示どおりに受診してください。
こんな時はもう1度受診しましょう
なだぴょん
  • ・ゼイゼイ、ヒューヒューと強くなり、呼吸が苦しそうなとき
  • ・胸やお腹をペコペコさせながら息をしているとき
  • ・顔色がよくないとき
  • ・母乳やミルクの飲みが悪いとき
登園・登校の目安

他の小さい子にうつさないために、主治医の指示に従ってください。

こどもによくある
感染症の病気

こどもによくある病気一覧へもどる

ページトップへ