こどもによくある耳・鼻・のどの病気

急性中耳炎

急性中耳炎の原因・症状

中耳炎とは鼓膜の奥の中耳に細菌が入り、炎症が起こる病気です。風邪がきっかけとなることが多いです。風邪で受診されて、なかなか熱が下がらない、不機嫌でよく泣く、しきりに耳に手をやるなどの場合に中耳炎を疑います。
中耳炎が進行すると、鼓膜が破れて耳だれが出てきます。すると痛みがなくなるのですが、治ったわけではないので必ず継続して治療を受けるようにしてください。

急性中耳炎の治療

抗菌薬(飲みぐすり)を処方します。ひどいときには鼓膜を切って膿を出すという治療も必要となるため耳鼻科へ紹介させてもらいます。中耳炎の治療で重要なことは、処方された薬を必ず最後まで飲み切ることです。完全に治さないと再発したり、滲出性中耳炎を起こしたりします。

こんな時はもう1度受診しましょう
なだぴょん

医師の指示通りに受診しましょう。

登園・登校の目安

痛みも熱もなくなれば行ってかまいません。(中耳炎は人にうつりません。)
プールは医師の許可が出てからにしてください。

こどもによくある病気一覧へもどる

ページトップへ