こどもによくある感染症の病気

ウイルス性胃腸炎(嘔吐下痢症)の原因・症状

ウイルス性胃腸炎(嘔吐下痢症)の原因・症状

ロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなどが原因の感染症です。突然の嘔吐から始まり、水のような下痢(レモン色~白色)を伴います。発熱することもあります。発熱や嘔吐は1~2日でおさまり、下痢は1週間くらい続きます。

ウイルス性胃腸炎(嘔吐下痢症)の治療

飲み薬を処方しますが、水分補給が何より大切です。吐き続け脱水症状がひどい場合は、点滴や入院が必要になります。

ホームケアのポイント
  • ・吐き気が強いあいだは何も飲ませないでください。
  • ・吐き気がおちついてきたら、水分を少量ずつ頻繁に根気よく飲ませてください。
  • *OS1(オーエスワン)などの経口補水液をお勧めします。
はじめの1時間に飲ませる目安
 1回の分量1時間の量
体重7kg以下3分ごとにスプーン3杯ずつ70〜80mL
体重10kg以下5分ごとに10mL120mL
体重15kg以下5分ごとに15mL180mL
体重20kg以下5分ごとに20mL240mL

*ペットボトルのキャップ1杯が約5mLになります。

はじめの1時間に飲ませる目安
体重7kg以下
1回の分量:3分ごとにスプーン3杯ずつ
1時間の量:70〜80mL
体重10kg以下
1回の分量:5分ごとに10mL
1時間の量:120mL
体重15kg以下
1回の分量:5分ごとに15mL
1時間の量:180mL
体重20kg以下
1回の分量:5分ごとに20mL
1時間の量:240mL

*ペットボトルのキャップ1杯が約5mLになります。

    1日当たりの目安量

  • 乳児体重1kg当たり30〜50mL/日
  • 幼児300〜600mL/日
  • 学童500〜1000mL/日

・飲み物、食べ物は「下痢のときの食べ物」を参考にしてください。

こんな時はもう1度受診しましょう
なだぴょん
  • ・帰宅後も吐き続けるとき
  • ・ぐったりして顔色が悪いとき
  • ・唇が乾き、おしっこが少ないとき
  • ※次回受診まで、家庭で飲んだ水分の量や回数、下痢や嘔吐の回数をメモしておいてください。
登園・登校の目安

下痢が落ち着き、食欲が回復すれば良いでしょう。

こどもによくある感染症の病気

こどもによくある病気一覧へもどる

ページトップへ