こどもによくある胃腸の病気

細菌性腸炎

細菌性腸炎の原因・症状

カンピロバクターやサルモネラ、病原性大腸菌、腸炎ビブリオ、エルシニアなどの細菌が原因でおこる腸炎です。カンピロバクター腸炎は汚染されたトリ肉、サルモネラ腸炎は汚染された肉や卵、あるいはミドリガメなどのペットが感染源となります。
発熱、腹痛、嘔吐、下痢などがおこります。血便がでることもあり、まれに重症になります。

細菌性腸炎の治療

便の培養検査の結果をみて、抗菌薬を処方します。下痢や嘔吐がひどい場合は、点滴や入院が必要になります。

ホームケアのポイント
  • 食事

    水分をとり、消化のよいものを食べてください。(「下痢のときの食べ物」も参照してください。)

  • 入浴

    下痢がおちついてきたら入ってかまいません。おしりをきれいに洗ってあげてください。

  • 手洗い

    ご家族みなさんが手洗いをしっかりし、家庭内での感染に注意してください。

こんな時はもう1度受診しましょう
なだぴょん
  • ・嘔吐や下痢をくり返し元気がないとき
  • ・腹痛が強まったり、血便が続いたりするとき
  • ・高熱が続くとき
  • ※次の受診まで、水分や食事の摂取量、回数、下痢や嘔吐の回数、尿の回数などをメモしておいてください。

こどもによくある感染症の病気

こどもによくある病気一覧へもどる

ページトップへ